支払いや生活費などでどうしてもお金が必要になった時に所持金が少ない場合は、借入する事でうまく危機を乗り越えることが出来ます。そこで、これから借入する方法や借入する時の注意点についてお話するので参考にしてくださいね。

借入する方法

お金をこれから借りたいという人は、借入する方法について理解しておく必要があります。そこで、今から借入する方法についていくつか紹介します。借入する方法によって手続きや返済方法など違ってくるので自分に合った方法を選択しましょう。

親など身近な人に借りる

カードローンを利用する

キャッシングを利用する

クレジットカードには大抵キャッシング機能がついている

キャッシングでの借入はカードローンと契約してなくてもできる可能性があります。たとえば、以前、クレジットカードを使っていて現在も所持しているのであれば、それを最寄りの銀行やコンビニのATMに入れることでお金を借りられるでしょう。というのは、クレジットカードは一部特殊なもの、そして利用者が意図的にキャッシング機能をつけずに申し込んだ場合を除き、ほぼ、キャッシング機能が付属しているからです。 いくらまで借りられるのかは契約内容によりますが、5万円から50万円程度、借りられるようになっているのが普通です。もし、キャッシングの限度額が50万円であれば、もちろん、50万円を一度に借り入れることができます。返済は必ずしも一括とは限らず、毎月、定額を分割で返せることが多いです。

暗証番号を何度も間違えるとキャッシングできなくなる

では、クレジットカードのキャッシング機能を利用する場合、どのような点に気をつければいいのでしょうか。まず、必ず暗証番号の入力が必要だということが挙げられます。ずっと以前にカードを使ったものの、一度もキャッシングをしたことがないという場合、当初に決めた暗証番号を忘れているケースが珍しくありません。うろ覚えの状態でATMに暗証番号を打ち込み、間違い続けると、入力を拒否されてその日はキャッシングできなくなってしまう可能性があります。なぜかというと、不正利用の疑いがあると判断されるからです。そのため、暗証番号を覚えていない場合は必ずカード会社に連絡して、対処方法を聞くようにしましょう。 また、引き出せる金額の下限が決められていることもあります。その場合、千円だけ借りたいと思っても、一万円をキャッシングしなければならないといったことになります。

借入時の注意点

利息が高い所から借りない

物の購入やサービスを利用する際にお金が足りない時は諦めるだけではなく、借入で賄う方法があります。数万円のような金額から数百万円、数千万円という大きな金額まで借入することができるので、困った時は検討…

返済出来る範囲内で借りる

金融機関は低金利でお金を貸してくれるので、安易に借金をしてしまう場合があります。借りたお金は返さなければならず、返済が難しくなれば大きな問題が発生します。借入をする時は収入に合わせた対応が必要で、…

返済プランを考える

「借入」とは、預金口座に予定するだけの支出の額がない時に初めに思い浮かぶ事ではないでしょうか?仕事のスキルアップや資格取得に講座を受けるために借入したり、生活していくうえで必要なものを買い揃えるの…

資金がない時は借入をしましょう

何かの商売を始めようと思った時に資金がない場合には、銀行や消費者金融から資金を借入するという選択肢があります。その場合には返済の計画も行います。